2006年07月23日

森のリトル・ギャング

 本日、試写会に行って来ました。会場は渡辺通1丁目の電気ホール。
 当初、子供向きのただのドタバタを予想していたんですが、ところがどっこい、こいつがかなり面白い。

 最近の米発CGアニメーションは、画面のつるっとした雰囲気と中途半端なリアルさで多少食傷気味だったんですが、こいつはそんな事を感じる暇の無いようなスピード感とユーモアセンス。所々にちりばめられた軽いブラックユーモアなど、大人にも充分楽しめるエンターテーメント作品に仕上がっていました。

 流石はドリームワークス(シュレック2、マダガスカル等)だなと感心した作品でした。これがディ○ニーとかだったら中途半端に話がドロドロして途中で嫌になる部分が出てくるはず。まあ、今あそこは他作品の脚本真似して作るしか能の無い状態のようなので、あまり期待は出来ないと思いますが・・・(あ、でもカーズは面白そうな気もしますが^_^;)

 そして、さらに感動だったのは声。今回は吹き替え版だったんでどうかと思ってチラシを見てみると、またしてもプロの声優を使ってない。ほとんど役者さんばかり・・・またか、と多少幻滅していたのですが、実際に作品を見てその認識は誤りでした。
 特に驚愕したのは主役のRJの声。役所広司だったのですが、これが上手い。プロ顔負けの声の演技で素晴らしかった。他にも武田鉄矢、石原良純などなかなかのはまり役で、これはキャスティングの勝利ですね(^^)

 ちゃんと一難去ってまた一難、最後はきっちりと盛り上がって悪(?)は滅びる、と言った王道を押さえ、気持ちの良い大団円。ハリウッドらしい爽快感のある作品です。リアルな現代版のトムとジェリーを観てるような感覚でした(笑)

 これは親子で笑って、時にはハートに暖かいものを感じて、一緒に愉しんで観て欲しい作品です(^O^)

 残念だったのは、英語版の声をブルース・ウィリスが出してたので、そっちの声も聞いてみたかったな〜。今度DVD出たら借りてきて字幕版の方も観てみよう。

 この作品は8月5日(土)より全国ロードショーだそうです。

 公式サイト
 http://www.mori-gang.com/
posted by 矢島桐人 at 15:42| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月15日

彩雲国物語

 とりあえず第一回を観ました。
 
 話はかなり面白そう。ノリもいい。雰囲気やキャラも「ふしぎ遊戯」みたいで結構好みだ。

 これからも継続して観るつもりではあるのだが、いかんせん、作画がイマイチなのは何故だろう。
 製作はマッドハウス。丁寧な作画には定評のあるスタジオだし、NHKとのコラボも「カードキャプターさくら」で十分慣れている筈なのに。(さくらはほぼ崩れの無い、良い出来だった。現在再放送も観てます^_^;)
 最近のマッドハウスは信用ならんのかな?
 それとも、今マッドハウスは抱えてる作品数がかなり多いようだし(時かけも作ってるしね)、元請けだけやって実質作業は下請けがやってるんだろうな。そんな感じがする(^_^;)

 監督の宍戸淳さんは「おくさまは女子高生」ぐらいしか知らない。1話のノリを見る限りではオーソドックスだけどツボはきっちり押さえる、NHK向きの演出だとは思う。オイラも結構気に入っている。

 声優陣は無敵だ。桑島法子、関智一、緑川光、森川智之、檜山修之、池田秀一とベテランから売れ筋の人まできっちりプロを揃えている。何人かは「ふしぎ遊戯」とダブってるのはワザとかな(^^ゞ

 話は面白そうなんだから、今後の技術力アップを切に願う訳であります。(期待してるんだよ^_^;)


 その前にやってる「機動警察パトレイバー on TV」は懐かしかったな〜。「うる星やつら」の最盛期部分で打ち切って「パトレイバー」に移るのはやはり押井守つながり?スタッフが押井ファンなのかな(^^ゞ


http://www3.nhk.or.jp/anime/saiunkoku/
posted by 矢島桐人 at 15:14| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月25日

時をかける少女・ジ・アニメーション

 これはびっくりでした。

 NHK少年ドラマシリーズ「タイムトラベラー」以来の「時かけ」ファンであり、原田知世にハマったのも「時かけ」。
 
 これがいよいよ満を持してアニメ化。

 http://www.kadokawa.co.jp/tokikake/index.php

 ストーリーは、原作とはだいぶ変わるようですが(原作の主人公、芳山和子が伯母さん役だって^_^;)、とにかく「時かけ」がアニメで観れる、それだけで感動です(^o^)

 おまけに製作がマッドハウスだし、キャラクターデザインが貞本義行
 細田守監督はあまり良く知らないのですが、東映出身という事もあり結構固い演出をしてくれるんではないかと期待。
 
 今風アレンジの「時をかける少女」、筒井節をどう料理するか、公開を楽しみにしています(^。^) 
posted by 矢島桐人 at 16:41| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(1) | アニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月08日

ARIA

 「ハルフイルムメーカー」というアニメーション製作会社がある。
 母体は「GONZO」。「岩窟王」、「フルメタルパニック」、「戦闘妖精雪風」、TV版「電車男」オープニング他多数の代表作は数え切れないほどの、現在のヒットアニメーション製作会社の中でもトップクラスに位置するスタジオです。

 その「ハルフイルムメーカー」最新作が「ARIA」。水の星「アクア」、その観光都市ネオ・ヴェネツィアを舞台に、ウンディーネ(水先案内人)を夢みてマンホーム(地球)からやってきた15歳の少女、水無灯里の成長物語です。

 監督は佐藤順一。「カレイド☆スター」、「ケロロ軍曹」、「プリンセスチュチュ」等の名作を世に送り出した名監督であり「ハルフイルムメーカー」の取締役でもあります。

 「ARIA」は、特に「カレイド☆スター」の色を濃く受け継いでいるような気がします。明るく、天真爛漫で、ちょっとドジだけどくじけない少女が夢に向かって邁進する物語、そんなエッセンスがたっぷりの心地よい物語です。カレイド☆スターに比べて毒の部分が少ないような気もしますがこれから出てくるのかな?

 とにかくこのゆったりとした世界観、水の都ならではの透明感と美しさ、未来的なものと古き良き時代のヴェネツィアとのコラボレーション。今、お気に入りの作品です。秋の新番組の中でもベスト3内に入るんじゃないかな。お勧めです。



 
posted by 矢島桐人 at 23:10| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月05日

蟲師(むしし)

 まさにノーチェックだった。
 私とした事がこの作品に関しては原作すら聞いたことがなかった。
 
 秋の新番組で深夜枠、アニメーションらしきものを情報誌で発見し、いつもの如く、とりあえず1話を観てそれ以降観るかどうかを決める、それが習慣であった(最初から外すものもあるが)。最近はアニメ雑誌をまったく買っていないのでそれ以外からの情報が入らないから知らない物も多いのだが・・・。
 
 そういった流れでこの作品を観た。特に期待はしていなかったので何となく夜にお茶でも飲みながらH.Dレコーダーを動かし始めたのだが・・・

ハマった!何だこれは!


 何故今までこんな作品を知らなかったのだろう。思いっきりオイラのツボではないか。
 このマッタリとした空間。「蟲」と言うアイテムを上手くミックスしたヒューマンドラマ。生命の起源に携わる新しく斬新な発想。音楽、背景の完成度。期待度が低かったから余計にかも知れないが、どれをとっても衝撃であった。

 原作者は漆原友紀 、この「蟲師」がデビューだそうだ。この原作は平成15年度文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞している。
 掲載は「アフタヌーン」、コミックスは現在6巻まで発売されている。
 監督は長濱博史 、大地丙太郎作品に多く参加している演出家である。
 
 これだけの作品、めぐり合えてよかったと思う。これからも欠かさずチェックしようと思う(たとえ主人公のギンコがワンピースのサンジに見えたとしても)。

 余談だが、この作品の実写映画化が決定しているらしい。
 監督に大友克洋。「AKIRA」等で一世風靡した人だが、私はどちらかと言うと漫画家としての大友克洋の方が好きなのだが・・・(「AKIRA」はそれなりに面白かったが)。
 主演にオダギリジョー。これははっきり言ってナイスキャストである。今、日本の男優でギンコが演じられるのは彼だけだろう。私が好きな日本人男優の、三本指に入る役者である。
 企画・製作プロダクションは「下妻物語」、「オペレッタ狸御殿」、「姑獲鳥(うぶめ)の夏」等で有名な小椋事務所
 来年(2006)の冬以降に全国公開予定だそうだ。今からかなり楽しみである。

 蟲師H.P http://www.mushishi.jp/index.html
posted by 矢島桐人 at 12:23| 福岡 ☀| Comment(3) | TrackBack(1) | アニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月11日

「電車男」の副産物

ミーナ1.bmp

 以前書いた記事『TV版「電車男」のオープニング』の中で紹介した「GONZO」制作のオープニングアニメーション。その時はまだオープニングだけの《お楽しみ企画》程度にしか考えていなかったのですが、キャラクターの名前が紹介された時点で「何やら怪しげな雰囲気」と、オタク根性丸出しで興味を持って見てみると、なんとまあ、裏設定ビシバシ!
 作品名の「月面兎兵器ミーナ」と言う名は本編内でも紹介されていたそうですが、美少女アンドロイド軍団の一員であり主人公の「月城ミーナ」を入れて総勢13体の《ミーナ》のキャラクター、ストーリーに至るまで詳細に設定がなされていました。現在、シリーズ全26羽(話ではない)のうち(きっちりTVシリーズ並みの2クール分である)20羽までのストーリーを確認済みです。この遊び心はいかにも《オタク族》らしいこだわり様。そういえば「GAINAX」の「トップをねらえ!」の時にも放映リストが付いていて、全25話の放送日(放送しとらんっちゅーに)・サブタイトル・出現怪獣まで設定してあり(なんと12話が欠番になったと言う表記まである)、予告編まで制作されていると言う遊び心に溢れていました。(ちなみに「トップをねらえ!」セカンドアルバムの解説には「昭和63年9月24日から、翌年、平成元年3月18日まで放映された空想科学特撮アニメ番組」と記されており、いかにも当時現実に放映したかのごとく書いてある。本当なら見てみたいものだ)
 そういった《いい大人》の遊び心を見事に受け継いだ「GONZO」ならではの裏設定、このまま埋もれさせるには惜しい気がするんですが、水面下では何か面白い事が進行していると嬉しいのですが・・・ちょっと期待してます。梶田浩司社長!(GONZOの社長さんです)
 フジテレビの「電車男」公式サイトのトップページから《ミーナ》の裏ページに入れば「月面兎兵器ミーナ」の詳しい情報がゲットできるので、興味ある方はアクセスしてみては如何かな?
 (ちなみに、裏ページの隠し入り口は左中央部にある「電車男」という大きなタイトル文字の「電」の字の「雨」の右下の点から入れます)
 「電車男」公式ホームページ http://wwwz.fujitv.co.jp/denshaotoko/

 
posted by 矢島桐人 at 13:14| 福岡 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | アニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月24日

名作「セロ弾きのゴーシュ」

セロ弾きのゴーシュ.bmp
 ベートーベン第六交響曲「田園」。この曲を聴くと今でも脳裏にはっきりと浮かび上がる映像があります。
 
そのタイトルは「セロ弾きのゴーシュ」

 1982年に公開されたアニメーション作品です。
 この作品、原作はかの有名な「宮沢賢治」。詩人であり童話作家でもある彼の代表作の一つです。
 現在、アニメーション制作には多大な費用と人員を必要とするため、代理店や配給会社の資金提供を受けて制作されるのが一般的ですが、売れるため、視聴率を伸ばすために制約の中でがんじがらめになりながら使い捨て的な作品が量産されてるのが現状です。その状況を憂いだ制作者達が、より良い、水準の高い作品を世に出したい、 その一念で作り上げた作品が「セロ弾きのゴーシュ」なのです。
 したがってこの作品は(自主制作)となります。少ない予算と仕事の合間を縫って時間をかけてコツコツと作り上げ、六年近い歳月を費やして制作されました。まさにアニメーションを心から愛する人々の血と、汗と、涙の結晶です。
 監督は「高畑勲」。「太陽の王子ホルスの大冒険」「パンダコパンダ」「アルプスの少女ハイジ」「火垂るの墓」など、名作アニメーションを数多く手掛けてきた日本のアニメ界を代表する監督です。
 作画・キャラクターデザインは「才田俊次」。「アルプスの少女ハイジ」「未来少年コナン」「火垂るの墓」などの原画を担当し、実力には定評があり、また楽器演奏の描写という難題に、セロ(チェロ)の奏法まで学び、見事にこれを表現しています。
 美術は、故・「椋尾篁」。「銀河鉄道999」「幻魔大戦」「母をたずねて三千里」などの美術監督を手掛け、1992年6月9日、癌により死去。享年54歳でした。(ムクオスタジオ)を設立し、「窪田忠雄」「田尻健一」その他大勢の一流背景家を育て上げた、日本のアニメ界における美術監督の第一人者でした。
 そして、それらの人材をまとめ上げ、制作に当たったのは、当時、作画専門の小さなプロダクション「オープロダクション」の代表取締役社長「村田耕一」。この人が居なかったら、この名作は存在しなかったと言っても過言ではないでしょう。
 配給会社の協力がなかったこの作品、自主上映と言う事になり、福岡では「九州映画センター」が上映に関する一切を請け負っていました。私も、そこのスタッフの方と交流があり、センターが企画した〔セロ弾きのゴーシュ福岡上映を成功させる会〕の代表として日夜奔走しておりました。ポスター貼りや各プレイガイドへの依頼、才田俊次さんや椋尾篁さんを招いてのイベントなど、友人、後輩などに協力を願い、何とか各市民センターやホールでの集客を確保出来ました。(当時お世話になった「九州映画センター」の武井さん、ありがとうございました)。
 大人から子供まで全ての人に楽しんでもらえる「セロ弾きのゴーシュ」。ビデオ、DVDで出ておりますので是非、一度観ては如何でしょうか。おすすめです。
 ちなみに、上記のイベント、今はもう無くなった福岡の予備校「水城学園」の教室を借りて行われたのですが、その時才田、椋尾両名で合作されたイラスト《模造紙サイズ》、ゴーシュとネコの向かい合ったシーンなのですが、直筆のそのイラスト、記念にまだ我が家に保存しています。今、はっきり言ってお宝かも。
posted by 矢島桐人 at 00:55| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月16日

映像と音楽のコラボレーション

街角のメルヘン.jpg
 「アニメーションによる映像と音楽のコラボレーション」、これを聞いて思い浮かべる作品は・・そう質問したら多くの人は「ファンタジア」や「ネオ・ファンタジア」、「トムとジェリー」等を連想するでしょう。
 確かにどれも名作で甲乙付けがたい物ばかりですが、それらとは別の、あまり知られていない、しかし私の大のお気に入りの作品が有ります。
 その作品のタイトルは「街角のメルヘン」
 1984年度のオリジナル・アニメーション・ビデオ作品で、テレビシリーズや劇場公開作品でもなく、ましてやおもちゃメーカーとのタイアップ作品でもない、純粋な映像作品です。
 原案は「首籐剛志」。アニメ界の名シナリオライター。「ミンキーモモ」「戦国魔神ゴーショーグン」「さすがの猿飛」などを手がけ、数々の賞に輝いた奇才。
 総監督は「西久保瑞穂」。代表作に「みゆき」(TVシリーズチーフディレクター)「女神転生」「赤い光弾ジリオン」「電影少女」「天空戦記シュラト」他多数あり、ヒットメーカーとしての位置を確立している。
 キャラクターデザインは「天野嘉孝」。今や世界にその名を轟かすアーティストとして活躍。「バンパイアハンターD」「ファイナルファンタジーシリーズ」のキャラクターデザインとしてあまりにも有名。
 音楽は「ヴァージンVS」。ヴォーカルのA児(あがた森魚)を中心にファンタスティックに彩られる音。ヴァージンVSのVは《VISUAL》のV、Sは《SONIC》のS。つまり、観て聴いて楽しめる音楽と言う事。数々の楽曲を発表し、新しい音楽ジャンルを確立した。
 このようなすばらしいスタッフが集結して、最高のコラボ作品が世に出ました。そして特筆すべき事は、いまだに観ているだけで幸せな気分になれると言う事。54分という短い時間の中でなにかしら《ほっ》とさせてくれる、私にとって都会の片隅での、癒し系の草分けのような存在、それがこの作品です。
 余談ですが、主人公の男の子「浩」の声を出してるのは若かりし頃の「永瀬正敏」。映画、ドラマ、CM、その他各界に大活躍の俳優。この作品の頃は、まだ高校生(堀越学園在学中)でした。(ビデオのライナーノーツに当時の顔写真が載ってるけど、別人みたい)・・・ちなみに永瀬作品は「濱マイク」が好きです。
 はっきり言ってかなりマイナーな作品なので知らない人が多いでしょう。しかし、一度観たら結構はまります。おすすめの一本です。
posted by 矢島桐人 at 23:49| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月08日

良い作品には良い音楽

以前、どこかの雑誌で見た記事なんですが、「あの忌野清志郎がいよいよアニソンを歌う!」みたいな事を書いていたんです。そう、あの「ちびまるこちゃん」のEDテーマを担当していた時ですね。
 確かにテレビアニメの曲としては初めてかも知れませんが、オリジナルアニメーションの方ではもっと前に楽曲を提供しています。(え、いまさら言わんでもそれぐらい知ってるって?こいつは失礼しました)
 知らなかった人の為に、その作品名は「県立地球防衛軍」
 この原作コミックは、少年サンデー増刊号で昭和58年5月号から昭和60年9月号まで28回に渡って連載されました。
 この作品のオリジナルビデオアニメーションに、何と3曲も(OP.ED.挿入歌)楽曲を提供しています。
 オープニングタイトルは「S.F.」、挿入歌に「プライベート」、エンディングテーマに「かくれんぼ」。3曲ともはっきりいって名曲です。(「S.F.」と「プライベート」は清志郎のベストアルバム「MAGIC」にも収録されています)
 さらにこの曲、忌野清志郎だけではなくあの[Johnny,Louis&Char]も参加しているのです。
〈知らない方はこちらから http://www.tsutaya.co.jp/item/artist/view_a.zhtmlartid=A026042 )
 そしてBGMは羽田健太郎作・編曲。これほどのスペシャルメンバーを揃えた作品はそうないでしょう。はっきり言って感動です。
 さらにオリジナルアルバム〈イメージアルバム〉の音楽は「タケカワ ユキヒデ」。言わずと知れた元「ゴダイゴ」のボーカルさんです。〈実はゴダイゴも大好き!〉
 この作品、原作の面白さは当然として、その楽曲に携わる人たちのあまりのビッグネームにほとほと感動する私であります。
 原作そのものについても語りたい事が山ほど有るのですが、それはまた別の機会に。
posted by 矢島桐人 at 02:42| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。