2005年08月05日

TV版「電車男」のオープニング

 先日、某テレビプログラム本の読者投稿欄で、TVドラマ「電車男」の質問に対する回答で、タイトルバック(オープニング)を手掛けているのが、私の中でトップ3の中に入るアニメスタジオ「GONZO」と書いておりまして、「これは一度観るっきゃない!」とばかりに録画予約をし、いざオープニングを観てみると・・・
ぶっとび!!!

 もろDAICON FILMの「DAICON4オープニングアニメーション」ではありませんか。
 音楽も同じ「ELO(エレクトリック・ライト・オーケストラ)」のアルバム「TIME」に収録されている「Twilight」という曲だし、映像、アングル、効果、もう笑っちゃうしかないくらいのもろパクリであります。まあ、元々「GONZO」を立ち上げたのが、DAICON FILMの制作スタッフがその後立ち上げたアニメーションスタジオ「GAINAX」から、さらに独立した制作会社なので、ある意味納得してしまいますが。
 詳しい内容はとても分かり易い比較をしておられるサイトさんがあったので、こちらを参考にすると良いのでは。  http://homepage2.nifty.com/kugo/050701.htm#050707
 当時、あの作品に燃えた(萌ではない)頃が思い出されて、久々に熱くなってしまいました。思わず古いビデオテープを引っ張り出してきて「3&4オープニングアニメーション」「快傑のーてんき」「愛國戦隊大日本」「帰ってきたウルトラマン」「八岐之大蛇の逆襲」と一気に観てしまいました。
 このような作品が一般人の目に《普通》に触れるようになるとは、良い時代になったと言うべきか、世も末だ・と嘆くべきなのか、あなたはどう思いますか?
 DAICON FILM     http://www.gainax.co.jp/soft/daicon/index.html
 フジテレビ「電車男」番組サイト http://wwwc.fujitv.co.jp/denshaotoko/index.html
posted by 矢島桐人 at 22:51| 福岡 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 ELOなんてまだまだ甘かった。
 来週、コミケの前日にコミケネタをぶつけられるなどと、誰が予測したであろうか。
 どんより気分ですぜ。
Posted by かいちょーas綾辺里砂 at 2005年08月06日 08:10
ドラマ本編は観てないんで、知りませんでしたわい。
そうか、コミケネタですか。まあ、当然タイムリーなネタを振ってくるだろうからありがちなのかも・・。
Posted by 矢島桐人 at 2005年08月06日 19:20
色々あるんですね? おいらは、あのにんじんは何?何のためにとか思ってしまうのですが、本編は今までのドラマとはちょっと作りが違うので面白いとおもいます。ただたんに伊藤美咲が、かわいいと思ってるだけですけどね・・・ごめん
Posted by たかぼう at 2005年08月07日 13:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。