2006年04月15日

彩雲国物語

 とりあえず第一回を観ました。
 
 話はかなり面白そう。ノリもいい。雰囲気やキャラも「ふしぎ遊戯」みたいで結構好みだ。

 これからも継続して観るつもりではあるのだが、いかんせん、作画がイマイチなのは何故だろう。
 製作はマッドハウス。丁寧な作画には定評のあるスタジオだし、NHKとのコラボも「カードキャプターさくら」で十分慣れている筈なのに。(さくらはほぼ崩れの無い、良い出来だった。現在再放送も観てます^_^;)
 最近のマッドハウスは信用ならんのかな?
 それとも、今マッドハウスは抱えてる作品数がかなり多いようだし(時かけも作ってるしね)、元請けだけやって実質作業は下請けがやってるんだろうな。そんな感じがする(^_^;)

 監督の宍戸淳さんは「おくさまは女子高生」ぐらいしか知らない。1話のノリを見る限りではオーソドックスだけどツボはきっちり押さえる、NHK向きの演出だとは思う。オイラも結構気に入っている。

 声優陣は無敵だ。桑島法子、関智一、緑川光、森川智之、檜山修之、池田秀一とベテランから売れ筋の人まできっちりプロを揃えている。何人かは「ふしぎ遊戯」とダブってるのはワザとかな(^^ゞ

 話は面白そうなんだから、今後の技術力アップを切に願う訳であります。(期待してるんだよ^_^;)


 その前にやってる「機動警察パトレイバー on TV」は懐かしかったな〜。「うる星やつら」の最盛期部分で打ち切って「パトレイバー」に移るのはやはり押井守つながり?スタッフが押井ファンなのかな(^^ゞ


http://www3.nhk.or.jp/anime/saiunkoku/
posted by 矢島桐人 at 15:14| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16601821

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。