2006年10月07日

ライオン丸G

 正直ぶっ飛んだ。

 深夜枠の特撮物。先日放送された「牙狼(GARO)」のイメージを想像していたのだが、これは見事に裏切られた。良い意味で。
 前作(快傑ライオン丸・風雲ライオン丸)がシリアスな展開、戦国時代のハードボイルドな作品だっただけに、新作のギャップに最初は戸惑ってしまった。が、慣れると楽しい。

 舞台は近未来の歌舞伎町(ネオ歌舞伎町)、獅子丸がダメホスト、沙織(サオリ)がキャバ嬢、小助(Kスケ)がライター志望の女子高生、ヤクザの豪山と契約している用心棒の虎錠之介、もうこれだけで笑える。
 しかも敵はチーマーの抗争(第一話現在は)に、借金のかたに生贄にされる主人公ともう向かうトコ敵無し(笑)

 雰囲気は「私立探偵 濱マイク」のお下劣版、といった所か。

 正直、前作の好きな人が観たら腹が立つかもしれない。しかし、これから大化けする可能性も否定できないのでとりあえずは要チェック。

 しかし、変身ヒーローなのは良いが、別に変身しなくても・・・今後意味が出て来るのかどうか、乞、御期待。

 劇中で「東横イン」の看板が繰り返し大写しになるのはネット利用者への浸透が強いホテルだからか?謎である。


 公式H・P
 http://www.starchild.co.jp/special/lion-marug/
posted by 矢島桐人 at 21:26| 福岡 ☀| Comment(35) | TrackBack(2) | 映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。