HPバナー.png

2006年10月07日

ライオン丸G

 正直ぶっ飛んだ。

 深夜枠の特撮物。先日放送された「牙狼(GARO)」のイメージを想像していたのだが、これは見事に裏切られた。良い意味で。
 前作(快傑ライオン丸・風雲ライオン丸)がシリアスな展開、戦国時代のハードボイルドな作品だっただけに、新作のギャップに最初は戸惑ってしまった。が、慣れると楽しい。

 舞台は近未来の歌舞伎町(ネオ歌舞伎町)、獅子丸がダメホスト、沙織(サオリ)がキャバ嬢、小助(Kスケ)がライター志望の女子高生、ヤクザの豪山と契約している用心棒の虎錠之介、もうこれだけで笑える。
 しかも敵はチーマーの抗争(第一話現在は)に、借金のかたに生贄にされる主人公ともう向かうトコ敵無し(笑)

 雰囲気は「私立探偵 濱マイク」のお下劣版、といった所か。

 正直、前作の好きな人が観たら腹が立つかもしれない。しかし、これから大化けする可能性も否定できないのでとりあえずは要チェック。

 しかし、変身ヒーローなのは良いが、別に変身しなくても・・・今後意味が出て来るのかどうか、乞、御期待。

 劇中で「東横イン」の看板が繰り返し大写しになるのはネット利用者への浸透が強いホテルだからか?謎である。


 公式H・P
 http://www.starchild.co.jp/special/lion-marug/
posted by 矢島桐人 at 21:26| 福岡 ☀| Comment(35) | TrackBack(2) | 映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月23日

森のリトル・ギャング

 本日、試写会に行って来ました。会場は渡辺通1丁目の電気ホール。
 当初、子供向きのただのドタバタを予想していたんですが、ところがどっこい、こいつがかなり面白い。

 最近の米発CGアニメーションは、画面のつるっとした雰囲気と中途半端なリアルさで多少食傷気味だったんですが、こいつはそんな事を感じる暇の無いようなスピード感とユーモアセンス。所々にちりばめられた軽いブラックユーモアなど、大人にも充分楽しめるエンターテーメント作品に仕上がっていました。

 流石はドリームワークス(シュレック2、マダガスカル等)だなと感心した作品でした。これがディ○ニーとかだったら中途半端に話がドロドロして途中で嫌になる部分が出てくるはず。まあ、今あそこは他作品の脚本真似して作るしか能の無い状態のようなので、あまり期待は出来ないと思いますが・・・(あ、でもカーズは面白そうな気もしますが^_^;)

 そして、さらに感動だったのは声。今回は吹き替え版だったんでどうかと思ってチラシを見てみると、またしてもプロの声優を使ってない。ほとんど役者さんばかり・・・またか、と多少幻滅していたのですが、実際に作品を見てその認識は誤りでした。
 特に驚愕したのは主役のRJの声。役所広司だったのですが、これが上手い。プロ顔負けの声の演技で素晴らしかった。他にも武田鉄矢、石原良純などなかなかのはまり役で、これはキャスティングの勝利ですね(^^)

 ちゃんと一難去ってまた一難、最後はきっちりと盛り上がって悪(?)は滅びる、と言った王道を押さえ、気持ちの良い大団円。ハリウッドらしい爽快感のある作品です。リアルな現代版のトムとジェリーを観てるような感覚でした(笑)

 これは親子で笑って、時にはハートに暖かいものを感じて、一緒に愉しんで観て欲しい作品です(^O^)

 残念だったのは、英語版の声をブルース・ウィリスが出してたので、そっちの声も聞いてみたかったな〜。今度DVD出たら借りてきて字幕版の方も観てみよう。

 この作品は8月5日(土)より全国ロードショーだそうです。

 公式サイト
 http://www.mori-gang.com/
posted by 矢島桐人 at 15:42| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月25日

日本以外全部沈没

 よもやこの作品が映像化されようとは・・・。

 知る人ぞ知る、知らない人はまったく知らない(当たり前か^_^;)この作品。原典となる「日本沈没」はすこぶる有名な作品であり、今度映画のリメーク版も公開される様であるが、それに合わせたかの様な(合せたんだろうけど)この映画。果たして一般人の目に触れて良いものかどうか・・・(そこまで言うか!)

 まあ、実際観て見ないことには判らないので、内容、出来に関しては後日改めてレビューを書くと思うが、今回は後悔、いや公開される事そのものに驚きがあった事のみ記しておく事とする。

 原作は、あの「筒井康隆」。SF界のみならず各界にその怪名を轟かせている、赤いサングラスが良く似合う作家である。
 その多くの著書の中の一つ、「農協月へ行く」に収録されているのが当作品「日本以外全部沈没」である。
 この「農協月へ行く」は、オイラが初めて読んだ筒井作品(時かけを除く)なので、特に思い出深く、印象に残ってる作品である。

 原典は、言わずと知れたSF界の文鎮・・・もとい重鎮「小松左京」の「日本沈没」である。こちらはメジャーな作品であり、知っている人も多いであろう。

 監督は、奇才「河崎実」。最近ますます色物監督の名を世に轟かせている監督で、「コアラ課長」や「いかレスラー」等で一躍有名(?)になったが、オイラがこの監督と出会ったのは「地球防衛少女イコちゃん」が最初であった。こっぱずかしい演出を堂々とやってのけるあの才能は見事なものだ。

 監修は、今や巨匠の名を馳せている「実相寺昭雄」。ウルトラシリーズなどで有名な人だ。

 その他、映画版&TV版の「日本沈没」で主役を務めた村野武範藤岡弘の競演と言うのも話題の一つであろう。

 怪しさ大爆発、風刺などと言うレベルを遥かに超えたブラックユーモアの決定版、筒井作品の真髄まさにここにあり!と観終わった後に感想を述べられる事を期待しつつ、福岡での公開を心待ちにしている現在である。


 http://www.cinematopics.com/cinema/works/output2.php?oid=7116
posted by 矢島桐人 at 10:17| 福岡 ☔| Comment(2) | TrackBack(1) | 映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月22日

小さき勇者たち〜GAMERA〜

 先日の日記で予告していた「小さき勇者たち〜GAMERA〜」の試写会に行って参りました。
 
 まずは感想から・・・大変良い出来でした。全パートにわたってその場しのぎの演出が少なかったのと、特撮シーン(特に爆発、炎のシーン)に違和感があまりなかったのは平成ガメラのいい流れを受け継いでいると思います。
 特に冒頭の過去のガメラのシーンはデザイン、構成、映像全てに満足いく物で、ギャオスはG3よりも出来が良いのでは、と思える程でした。
 子供達の使い方もいい感じだし(旧作ガメラの子供はむかつくだけだったが・・・)、夏帆ちゃん可愛かったし・・・(^^ゞ

 しかし、さすがは角川映画。劇中宣伝も決して忘れない。
 主人公の相沢透の部屋の中には「ケロロ軍曹」グッズがいっぱい。ケロロのコミック最新刊も主人公と隣のお姉さん(夏帆ちゃん)の交流アイテムとして重要な役割を果たしてるし・・・(しかも作品内に3回も登場するのだ!)

 ラストシーンの一番感動的な所で、手前の方に落ちてるコンクリートの瓦礫が風で揺れていたのは観なかった事にしよう。

 「小さき勇者たち〜GAMERA〜」公式HP
   http://gamera.jp/

posted by 矢島桐人 at 02:25| 福岡 ☀| Comment(15) | TrackBack(0) | 映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月15日

彩雲国物語

 とりあえず第一回を観ました。
 
 話はかなり面白そう。ノリもいい。雰囲気やキャラも「ふしぎ遊戯」みたいで結構好みだ。

 これからも継続して観るつもりではあるのだが、いかんせん、作画がイマイチなのは何故だろう。
 製作はマッドハウス。丁寧な作画には定評のあるスタジオだし、NHKとのコラボも「カードキャプターさくら」で十分慣れている筈なのに。(さくらはほぼ崩れの無い、良い出来だった。現在再放送も観てます^_^;)
 最近のマッドハウスは信用ならんのかな?
 それとも、今マッドハウスは抱えてる作品数がかなり多いようだし(時かけも作ってるしね)、元請けだけやって実質作業は下請けがやってるんだろうな。そんな感じがする(^_^;)

 監督の宍戸淳さんは「おくさまは女子高生」ぐらいしか知らない。1話のノリを見る限りではオーソドックスだけどツボはきっちり押さえる、NHK向きの演出だとは思う。オイラも結構気に入っている。

 声優陣は無敵だ。桑島法子、関智一、緑川光、森川智之、檜山修之、池田秀一とベテランから売れ筋の人まできっちりプロを揃えている。何人かは「ふしぎ遊戯」とダブってるのはワザとかな(^^ゞ

 話は面白そうなんだから、今後の技術力アップを切に願う訳であります。(期待してるんだよ^_^;)


 その前にやってる「機動警察パトレイバー on TV」は懐かしかったな〜。「うる星やつら」の最盛期部分で打ち切って「パトレイバー」に移るのはやはり押井守つながり?スタッフが押井ファンなのかな(^^ゞ


http://www3.nhk.or.jp/anime/saiunkoku/
posted by 矢島桐人 at 15:14| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。